職種によって必要な英語は違ってくる!

英語力を活かしたい場面を限定してみよう

職種や業務内容によって必要になる単語の種類は違ってきます。
仕事の内容はもちろんのこと、会話する相手の人物像によっても変わってくるでしょう。
まずは自分が英語を活用したいと考えているビジネスの場面を限定して、すぐにでも利用できるような英会話を重点的に学習していくことが、実用的な英会話を身につけるための近道になりそうです。

大きな書店に行けば様々な分野で必要になるであろう英会話を紹介した本が売られているといいますし、ビジネス英語を教えてくれる教室の中には事前の徹底したリサーチに基づいて個別のカリキュラムを組んでくれるところもあるようですから是非利用したいものですね。

英会話学習の最終的な目標はいかなる時でも柔軟に対応できるような英語力を身につけることかもしれませんが、はじめから総合的で広範囲にわたる学習をしようとすると途中で挫折してしまう原因となるかもしれません。

ホテルのフロントで働いている場合

もしもあなたがホテルのフロントで働いているとしたら、どのような英会話を覚えるべきだと思いますか?
2020年には東京オリンピックも開催されることが決まっていますし、日本を訪れる外国人の数はますます増えていくでしょう。

フロントに勤務している場合に必要な英会話には、どのようなものがあるでしょうか?
予約の電話がかかってきた際には希望の部屋タイプと人数、何連泊の予定なのかを聞いて空室を確認し、名前と連絡先を聞くことになると思います。
こうした基本的な確認事項はホテルが用意した英語のマニュアルに沿って進めていくことになると思いますので、改めて英会話学習をすることもないかもしれません。

それよりも一歩踏み込んだフレンドリーな接客ができるようにスキルアップしたいという場合には、ホテル勤務の経験があるようなトレーナーを探すことが一番有効でしょう。


この記事をシェアする