ビジネスを成功に導くための英会話とは

ビジネス英語とは?

実はビジネス英語というものは単独で確立しているものではなく、相手の気分を害さずに依頼を聞き入れてもらうためにビジネスで利用されている英会話術といった方がいいかもしれません。
言語の違いに関わらず、ビジネスの現場には相手に対して何かを依頼するという場面が数多く存在しているのです。
敬語は日本語特有の言い回しのように思っているかもしれませんが、英語のような他の言語においても丁寧な言い方というのは存在しています。

日本語に置き換えて考えてみると分かりやすいと思いますが、同じ内容であったとしても言い方ひとつで相手の受け止め方は違ってくるでしょう。
ちょっと無理をしてでも聞いてやろう!と思ってもらえるような交渉ができることは、ビジネスの現場において大変有利なことです。
文化の異なる人種であっても、きちんと意思の疎通が図れれば仕事をスムーズに進めることができるのです。

ビジネスは予定通りにいかないもの

一般的な業務をこなしていく上で差支えがない程度の英会話力を身につけたとしても、それだけで安心することはできません。
ビジネスは相手のあることですし、思い通りに進んでいかないということが山ほどあるのです。
そのような時に日本語なら落ち着いて対応することができるかもしれませんが、英語で説明しろと言われたらどうなりますか?
すべてのシチュエーションを想定して英会話を学んでおくことは不可能ですし、ただ暗記しただけの英会話で乗り切ることはできません。

イレギュラーにも対応できるようになりたいと思ったら、どうしても総合的な英語力を上げていく必要があるのです。
そうなるとビジネス英語の最終目標は細かいニュアンスも表現しながら、どのような状況においても自分の考えをきちんと伝えることができるようになることだと言えそうです。


この記事をシェアする